工  作  情 報
    
ご 案 内

 このページでは、仲間と共に道具作りを紹介するコーナーです。まだまだ、素人集団
 であり、自己流ですが、皆さんの意見もいただき、よりバージョンアップしたいと思い
 ます。
 趣味の釣りは長続きしなければ、楽しくありません。
 特に、浮き等は多く必要で、購入していては、もちません。
 へら正グループとしては、特に浮子はそこそこ釣果もでており楽しんでいます。
 不満足なところもありますが、仲間に屁理屈を言ってもらって改良を重ねています。
 浮子は釣り方・場所によって多種多用な浮子が必要です。どれだけ作っても、きりがな
 いほど種類があり、製作趣味としては、暇は十分活用できます。

 へら正の工作物: 浮子・浮子箱等、玉網、玉の柄、竿掛け、針外し、 万力は研究中

製作浮きの種類へら正浮子コレクション
ノーマル浮子 床浮子 カッツケ浮子
カンザシ浮子 中通し用浮子 ソリッド浮子
超深用ジャンボ浮 蟹江川用浮子 ドングリ浮子

  浮子の特徴
    1: ノーマル浮子
        特徴はボディが長く足が短いタイプのオーソドックスタイプであり、宙・床どちらにも使用するが
        、条件が風・波がなく、魚の活性も良いといえる好条件が最適。

    2. 床浮子
        トップが細く微妙な変化を敏感に伝えるためで、餌の減り方やさわりの動向を見極めることが
        できる用ボディより長いトップが特徴。

    3. カッツケ浮子
        カッツケ釣りは短竿が殆どであり、浮きも小さい、小さいものは、全長7cm程度のものもあり、
        コブのセット釣りなどが一般的であり、トップも短く、浮力もないのが特徴。

    4. カンザシ浮子
        ボディが丸に近く流れに強いのが特徴で、トップもソリッドが多く用いられている。
        フワ釣りや深宙の釣りに適している。

    5. 中通し浮子
        川などの流れで、浮子がシモッテ釣りに成らないとき、おもりをべたにし、浮子の浮力でしもり
        に耐える必要があり、大きな浮子が特徴である。

      6.ソリッド浮子
         トップが長いのが特徴で、段差の床釣り、チョーチンの両ダンゴでストロークを生かした攻め
         方に適している。特に極寒期が効果的。

    7.超深用ジャンボ浮子
         たなが深くジャミなどをかわしながら底へ落とす必要がある場合に、大餌をつけ一騎に落と
         すため、おもりも重たくするため、50センチの浮きもある。

    8.蟹江川用浮子
         愛知県海部郡蟹江町の川で使う独特な浮きで長竿のため、ボディは大きく投げやすくし、し
         かも流れがあり、アタリもしっかりしたアタリのため、節メモリを少なくし見易くしたことが特徴。

    9.ドングリ浮子
         ボディはどんぐり型で足・トップとも長く、シモリにも強く、トップも長いことから、深宙・床用と用
         途は多い。

HOME